社協発あなたのそばの福祉のとりくみ

市を超えて生活支援コーディネーター交流会を開催[2019.10.30]

  • 大阪市内の各区社協では、高齢者の「介護予防」や「生活支援」の活動を推進する「生活支援コーディネーター」が配置されています。 普段は市内での情報交換が中心ですが、市を超えた交流の場をつくり、各地でのさらなる展開につなげていこうという趣旨で、「第1回 近畿ブロック政令指定都市社会福祉協議会 生活支援コーディネーター実践交流会」が、10月10日(木)に開催されました。 京都市社協、神戸市社協、堺市社協、大阪市社協の4市社協共催。今回は大阪市社協が担当幹事をさせていただき、会場の大阪市社会福祉研修・情報センター(西成区)に、52人のコーディネーターが集まりました。(政令指定都市社協職員、オブザーバーの(続きを読む)

一覧はこちら

1分でわかる大阪市社協(動画)

Google Chrome ※この動画をご覧になるには、HTML5に対応したブラウザが必要です。対応ブラウザがインストールされていない場合は、Google Chromeをダウンロードし、組み込んでからご覧ください。