社協発あなたのそばの福祉のとりくみ

地域福祉シンポジウム(2/27)報告事例紹介[2018.2.14]

  • 市社協では、年に一度、地域福祉活動の実践者に焦点をあてた「地域福祉シンポジウム」を開催しています。今年のテーマは「身近な地域で気づく・つなぐ・話しあう -住民ができること・福祉専門職の役割-」。2月27日(火)の開催に向けて、現在参加者を募集しています。 今回実践報告を予定している港区・東住吉区での取組みと登壇者の皆さまをご紹介します。 ▲両区登壇者との打合せにおうかがいしました。(2月8日) 【実践報告1】 港区から <多様な担い手による見守りネットワークづくり> 港区では、区独自の「地域見守りコーディネーター」を11地域に1人ずつ配置。区社協と連携して、地域の見守りや居場所づくりなどの活動(続きを読む)

一覧はこちら

1分でわかる大阪市社協(動画)

Google Chrome ※この動画をご覧になるには、HTML5に対応したブラウザが必要です。対応ブラウザがインストールされていない場合は、Google Chromeをダウンロードし、組み込んでからご覧ください。