社協発あなたのそばの福祉のとりくみ

【西淀川区】名簿提供から始まる 地域の見守り体制づくり[2017.6.8]

  • 市内各区で推進される「地域における要援護者の見守りネットワーク強化事業」。その機能の一つとして、行政が持つ要援護者情報に基づく、高齢者・障がい者等への同意確認と名簿の整備、同意者名簿の地域団体への提供がすすめられている。こうした動きを、具体的な“見守りの体制づくり”へとつなげていくには、地域ごとの活動実態を踏まえた「調整役」や、見守り意識を高める「場の設定」が鍵となる。 西淀川区では、事業を担う区社協・見守り相談室に、14地域ごとの地域福祉活動支援コーディネーター(以下、コーディネーター)を独自に配置。名簿共有を機に、地域に合った見守りのあり方を考えるワークショップを順次開催している。 ▲同意(続きを読む)

一覧はこちら

1分でわかる大阪市社協(動画)

Google Chrome ※この動画をご覧になるには、HTML5に対応したブラウザが必要です。対応ブラウザがインストールされていない場合は、Google Chromeをダウンロードし、組み込んでからご覧ください。