社協発あなたのそばの福祉のとりくみ

若手職員学習会 「社会福祉協議会を伝える」[2019.1.8]

  • 大阪市社協では、若手職員の育成のため、「社協若手職員学習会」を開催しています。参加対象は入職2~3年目の市社協・区社協の正規職員(現在42人)。今年度2回目の学習会が、12月27日、大阪市立社会福祉センターで開催されました。 ■自分たちで出し合った課題をもとに企画運営 企画運営を担うのは、対象職員から選出された7人の企画委員。自分たちで出し合った課題をもとに、3回の企画委員会を重ねました。 課題の中から、今回は特に「他者に伝える力」を身につけることに着目。自分たちの所属する「社会福祉協議会」を題材に、相手によって、どのような言葉で、どのような組立てで伝えればよいのか、講義と演習を通して学びまし(続きを読む)

一覧はこちら

1分でわかる大阪市社協(動画)

Google Chrome ※この動画をご覧になるには、HTML5に対応したブラウザが必要です。対応ブラウザがインストールされていない場合は、Google Chromeをダウンロードし、組み込んでからご覧ください。