社協発あなたのそばの福祉のとりくみ

実践者から学ぶ 居場所としての「こども食堂」(平野区社協)[2016.7.27]

  • 平野区社協では、7月14日(木)、地域福祉活動コーディネーター連絡会で「にしなり☆こども食堂」の川辺康子さん(=写真)を講師に迎え、「居場所づくりはこども食堂から」と題した講演をおこないました。 地域福祉活動コーディネーターは、平野区内22地域に1人ずつ配置され、身近な地域での相談窓口、地域福祉活動の推進役を担っています。今回の講演は、そんなコーディネーターに向けて「SOSをあげられないケースを含めて、子どもたちへの気づきの視点や、地域での取組みを考える契機になれば」と企画されました。 ▲区役所からも多数参加し、総勢約50人が聴講 ■「こども食堂」を定期開催して3年目 「にしなり☆こども食堂」(続きを読む)

  • DSC02468

一覧はこちら

1分でわかる大阪市社協(動画)

Google Chrome ※この動画をご覧になるには、HTML5に対応したブラウザが必要です。対応ブラウザがインストールされていない場合は、Google Chromeをダウンロードし、組み込んでからご覧ください。