福祉サービスの利用や金銭管理に不安がある

あんしんさぽーと事業

この事業は、認知症や知的障がい・精神障がいなどにより判断能力が不十分な方が地域で自立した生活が送れるように援助し、権利擁護に資することを目的とするものです。

具体的には、ご本人との契約に基づいて福祉サービスなどの利用援助や日常的な金銭管理サービス、書類等の預かりサービスといった生活支援を行うものです。

各区の社会福祉協議会(区在宅サービスセンター)で実施しています。

権利擁護相談支援サポートセンター事業(成年後見支援センター)

大阪市成年後見支援センターでは判断能力が十分でない方の成年後見制度に関する相談や申立て支援を実施するとともに、市民後見人の養成と活動支援をおこなっています。

また、地域の相談支援機関(地域包括支援センター、区障がい者相談支援センターなど)への権利擁護に関わる後方支援として、権利擁護相談や認知症医療相談の専門相談を実施しています。