高齢者相談支援サポート事業

事業の目的

高齢者にかかわる地域の機関(地域包括支援センター、介護施設、事業所)からの相談を受け、内容に応じてスーパーバイザーや専門相談等を活用して問題解決に向けサポートをおこないます。

また、「認知症になっても、安心して暮らせるまちづくり」をめざして、キャラバン・メイトの養成や研修等を実施し、認知症サポーターの活動を推進しています。

「認知症の人の受診のための連携シート©」について

認知症対策連携強化事業(平成27年度で終了)では、大阪市認知症疾患医療センター、大阪府医師会の協力を得て、「認知症の人の受診のための連携シート」を作成しました。

本シートでは、「受診目的」を明確にし「認知症かどうか?」と思われる症状や経過を整理するための項目を設けることによって、受診時に的確な情報提供が行えるよう工夫しています。

かかりつけ医のいない方や医療上や介護上の課題を抱えておられる方等を支援していくうえで、介護から医療への連携がスムーズに行えるように、本シートの活用を勧めています。本シートは、「大阪市認知症初期集中支援推進事業」の関係帳票としても活用されています。