発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

貝塚市社会福祉総会で大阪市内の実践を報告

11月24日(日)、貝塚市社会福祉協議会が主催する「第28回 貝塚市社会福祉総会」にお招きいただき、式典に続いての第2部で「大阪市内の見守りネットワークについて」というタイトルでお話をさせていただきました。

(報告者:大阪市社会福祉協議会 地域福祉課員 田淵章大、住之江区社会福祉協議会 地域支援担当副主幹 巽俊朗)

▲ 貝塚市内の社協役職員・行政関係者・地域関係者など約180人が参加

主催者の貝塚市社協からは、事前に「地域での気づきや見守りについて、事例を交えて報告してほしい」という依頼をいただき、住之江区での見守りに関する実践と、大阪市社協が作成した「参画と協働のための地域福祉ガイドブック①身近な地域で気づく・つなぐ・話し合う」を紹介させていただきました。

同ガイドブックは、これまで①~④まで作成しています。今後ともこのような形で活用の幅を広げていきたいと思います。

 

【参考】当日投映スライドの一部

 

 

 

一覧はこちら