発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

新規採用職員研修「社会福祉施設見学プログラム」を実施しました!(前編)

12月11日(金)に平成27年度新規採用職員研修の一環として、社会福祉施設見学プログラムを実施しました。大阪市内の社会福祉施設を巡り、理解を深めることで、今後の業務において施設等とスムーズに連携・協働を図っていくことが今回の目的。市内4ヵ所の施設にご協力いただき、13人の新採職員が参加しました。

 

最初に訪れたのは淀川区にある社会福祉法人博愛社さん。「隣人愛」を理念とする博愛社は今年で創立125周年を迎えた歴史ある団体で、敷地内には児童養護施設や保育園、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、ケアハウス、介護サポートセンターなど多様な施設があり、地域に開かれた事業に取り組まれています。

 

DSC06648

児童養護施設「博愛社」の概要説明を受ける新採職員。

地域小規模児童養護施設では、入所児童が将来、地域で生活できるよう家庭に近い環境での養育をおこなっているほか、退所児童のサポートもしており「顔の見える支援を大事にしたい」と小椋施設長は話されました。

DSC06663

実際に生活されている部屋を見学しながら、貴重なお話をお伺いしました。

 


DSC06689

西岡施設長から奮い立つお話をいただきました。

2カ所目は同じ敷地内にある特別養護老人ホーム「博愛の園」さんを見学。同施設では「障がいがあっても、認知症になっても(施設に入っても)、地域で普通に暮らす」を基本方針に据え「理念の実践」を心がけていると西岡施設長からの話がありました。「困難な事態に陥ったときこそ理念に立ち返ることが大事」だと新採職員にメッセージを投げかけていただきました。

DSC06680

施設のこだわりポイントを丁寧にご説明いただきました。

 

今回のブログはここまでです!3ヵ所目、4ヵ所目の施設見学は後編でお伝えします。

総務課 秋田

一覧はこちら