発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

推進計画2年目の評価・検証を実施(評価会議レポート)

市社協では、大阪市地域福祉活動推進計画を推進しており、重点目標を中心とした評価に取り組んでいます。

計画の2年目となる令和元年度は、年間を通して4回にわたる評価会議を開催し、市社協の取組み、各区で推進されている取組みについて集約。目標達成の状況や最終年度に向けての展望を話し合いました。


■ 第1回評価会議(令和元年10月17日)

市社協が取り組む12項目について、事業のイメージを共有するとともに、進捗状況を中間報告しました。

 

■ 第2~4回評価会議(令和2年1月22日/2月3日/2月10日)

年度末の時期に3回に分けて開催。市社協が取り組む12項目について、一年間の動き、目標達成状況、今後に向けての課題など自己評価を記入したシートをもとに評価・検証を実施。

あわせて、民間活動の推進状況を把握するため、各区社協から集約した特長的な取組みを整理・分析。共通するキーワードや成果・効果などを共有しました。

評価結果については、令和2年2月の大阪市地域福祉活動推進委員会で報告する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大予防の観点から中止となっています。この内容については、次年度の推進委員会で報告する予定としています。


【評価会議 委員】

鈴木大介 委員(大阪成蹊短期大学 准教授)

中西裕 委員(社会福祉法人 四恩学園 理事長)

福田留美 委員(NPO法人 にしよど にこネット 代表理事)

松下美佳子 委員(東住吉区 東田辺地域福祉サポーター)

山田謙次 委員(株式会社ツクイ 顧問)

※鈴木委員、中西委員、福田委員、松下委員は大阪市地域福祉活動推進委員会の委員を兼ねる。山田委員は外部委員として参画。


(担当:地域福祉課)

一覧はこちら