発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

市社協有志職員、高槻市災害ボランティアに参加

平成30年7月14日・15日の2日間、大阪市社協職員有志9名が、高槻市社会福祉協議会(高槻市災害ボランティアセンター)の「負けてたまるか大作戦!in高槻 第2弾」に参加しました。この取り組みは、ボランティア総勢100人を募集し、大阪府北部地震から約1カ月たった今、困りごとがないか高槻市内のお宅を訪問し、ヒアリング調査するものです。

 

 

 

 

 

 

 

当日は猛暑でしたが、住民の皆さんは玄関先まで出てきてくださり、発災時の状況や建物の被害などを詳しく話してくださいました。お話を伺うなかで、「一人暮らし高齢者の見守りをしてほしいが、どこに相談したらよいかわからない」などの声も聞かれました。
今後も安心した生活が送れるよう、引き続き見守りを中心とした住民への関わりが必要だと感じました。

一覧はこちら