発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

地域福祉シンポジウム(2/5)予告②(住之江区海の町地域)

大阪市社会福祉協議会では、2月5日(水)午後1時30分~4時30分、中央会館を会場に地域福祉シンポジウムを開催します。今回のテーマは「小地域福祉活動の推進と今後の展開について」。現在、参加者を募集中ですので、ぜひお申込みください。

シンポジウムの詳細申込みページはこちらから

「どんな方が登壇するの?」「事例報告はどんな内容?」という方のために、ご報告をお願いしている地域の方や、取組み内容をこちらでご紹介していきます。


住之江区海の町地域からは、さざんか海の町協議会(地域活動協議会)の小髙秀昭会長、海の町地区民生委員児童委員協議会の中川千鶴委員長にご登壇いただきます。報告のテーマは「つながる・安心安全のまちをめざして 見守りは近所付き合いの第一歩〈全戸アンケート調査の取組み〉」。

▲打合せの様子(左:小髙秀昭会長、中央:中川千鶴委員長)

海の町地域は、南港エリアにある4地域のうちの一つ。集合住宅のみで構成され、約40年前のまち開きの際に移り住んできた世帯の高齢化が進んでいます。

▲海の町地域の様子

同地域では、以前から高齢者の見守りについて課題に感じていた中で、昨年台風が直撃。もしもの時の対策も含め、あらためて地域での見守りを実践していくために、アンケート調査を実施しました。その特徴は、4項目のシンプルな内容と、記名式であること。地域内の全戸(約2500)に配布、回収し、見守りを希望する人への初回訪問を実施しました。

▲アンケート調査打合せの様子(大阪の社会福祉 令和元年9月号にも掲載)

事前打合せでは、実際に訪問する中で聞いた住民の声もおうかがいしました。見守りの体制づくりは、これから進めていくとのことで、まさに現在進行形の事例としてご報告いただきます。

アンケートを活用した見守り活動のすすめ方や、集合住宅でのつながりづくりのヒントに・・・ご関心のある方はぜひお申込みのうえ、ご参加ください。


・阿倍野区 晴明丘地域の紹介記事はこちらから

・北区 大淀西地域の紹介記事はこちらから

(担当:地域福祉課)

一覧はこちら