発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

地域福祉シンポジウム(2/5)予告①(阿倍野区 晴明丘地域)

大阪市社会福祉協議会では、2月5日(水)午後1時30分~4時30分、中央会館を会場に地域福祉シンポジウムを開催します。今回のテーマは「小地域福祉活動の推進と今後の展開について」。現在、参加者を募集中ですので、ぜひお申込みください。

シンポジウムの詳細申込みページはこちらから

「どんな方が登壇するの?」「事例報告はどんな内容?」という方のために、ご報告をお願いしている地域の方や、取組み内容をこちらでご紹介していきます。


まずは阿倍野区晴明丘地域から。「地域の団体と学生が共同で行う『みんなの食堂』の取組みについて」、晴明丘地区社会福祉協議会の石橋一昭会長にご報告いただきます。

▲石橋一昭会長

「みんなの食堂」は、毎月第3土曜日に開催。さまざまな状況にあるこどもたちが、特別な場としてではなく、気軽に足を運べるようにと、対象を限定しないオープンな場として立ち上げました。親子連れや高齢の方も含めて、多世代が集まる場となっています。

▲活動情報は地域こども支援ネットワーク事業HPにも掲載

食後にこどもたちの遊び相手となるのは、区内にある大阪キリスト教短期大学の学生たち。活動の広がりとともに、それを支える担い手を広げることも大切にしているとのことです。

▲阿倍野区社協での事前打合せ

事前打合せでは、立上げに至るまでの経緯や、短大の先生との出会い、さらには今後の活動の展望まで、じっくりと聞かせていただきました。

こどもを中心とした居場所づくりの参考に、また学校・学生の地域活動への参画をすすめるヒントに・・・ご関心のある方はぜひお申込みのうえ、ご参加ください。


・住之江区 海の町地域の紹介記事はこちらから

・北区 大淀西地域の紹介記事はこちらから

(担当:地域福祉課)

一覧はこちら