発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

【全社協】”つながり”をあきらめず、未来の豊かな”つながり”のために

新型コロナウイルスの感染拡大により、人との接触機会が制限され、地域でのつながりづくりに取り組んできたボランティア・市民活動や生活支援の活動は大きな影響を受けています。しかし、新しい生活様式の中でもつながりを絶やさないために工夫を凝らした新たな取組みが、全国各地で生まれています。


全国社会福祉協議会をはじめとし、ボランティア・市民活動の推進や地域での生活支援に関わってきた全国の各団体が協働して、新型コロナウイルス下での“つながり”をあきらめない地域福祉・ボランティア活動交流サイト「未来の豊かな“つながり” のための全国アクション」を立ちあげ、全国から取組みを募集し紹介しています。

これは、WEBの活用や感染予防対策を講じながら活動する方法や工夫を集め、情報発信するとともに、活動者間の交流を図り、全国の実践を後押しすることを目的としたものです。コロナ禍が長期化するなかで、つながりを途切れさせない活動の工夫、生活が困窮したり孤立することによって、つながりからこぼれてしまう人たちと新たにつながろうとする懸命な取組みが、全国各地から寄せられています。大阪市内からも独自の取組みが数多く報告され、順次掲載されています。


【大阪市内の事例】※上から掲載日順

●みんなで集まれる日まで、情報提供で見守る・つながる(中央区)

●在宅生活応援!新しい生活様式 知恵と工夫のSHAREプロジェクト(東成区)

●緊急小口資金貸付から見えた課題に対して ~「フードドライブ」「よどがわスマイル写真コンテスト」~(淀川区)

●コロナとの共存・共生 ~千羽鶴で願うコロナ終息~(阿倍野区)▼

●毎日の暮らしに「ちょい足し」するだけ…手軽に健康づくりを!「あさひあったか通信」(旭区

●つながりを途切れさせないために「コロナの中でもつながる方法」の発信(大阪市)

●コロナに負けるな!!~心に寄り添うメッセージカードを届けよう活動~(住吉区)

●自宅でできる介護予防・つながりを絶やさないための取り組み(城東区)

●自粛生活の中でも仲間や職員の顔を思い出して、フレイル予防に取り組む(西成区)

●地域福祉コーディネーター新聞「おうち日和」をお届け(都島区)

●「マスクづくり」「おもちゃ図書館の再開」~「ひらのスタイル」でつながり絶やさず~(平野区)

●『こんな時だからこそ!』の想いを大切に…オープンカフェ始めました💗(港区)▼

●子どもたちに笑顔を!! 合同会社ユー・エス・ジェイとこども食堂の夢のコラボ(此花区)

●つながりを絶やさないために ~こんな時だからこそ、誰かとつながっている安心を届けたい。わたしたち(社協と地域)の取り組み~(住之江区)

●「お互いが支えあえる地域でありたい」(生野区)

●「新しい生活様式」に対応した見守り活動(西区)

●どんな時でもリンク!リンク!~オンライン(ZOOM)会議の開催~(西淀川区)

●男性シニアボランティアグループからこども食堂へ手づくり野菜を提供中!(鶴見区)

●~つながりを絶やさないために~ お元気ですかの気持ちを伝える「にこにこ元気パック」活動(天王寺区)

●専門学校生とともに取り組む「外出自粛高齢者・障がい者等見守り支援事業」(東住吉区)

●安否確認を兼ねた配食が笑顔をつなぐ(淀川区)

●このはな手作りマスクプロジェクト ~地域の想いを施設に~(此花区)

●「子どもステイボックス」で見守りを(生野区)▼

●共に支え合って乗り越えましょう【気になる要援護者へのマスクの配布】(大正区)

●コロナに負けるな! 子育て応援企画「拡大子ども食堂」(北区)


本記事は、「大阪の社会福祉」第784号(令和2年9月発行)の掲載記事をもとに作成しています。

(担当:地域福祉課)

一覧はこちら