発信 あなたのそばの福祉のとりくみ

「地域福祉シンポジウム」登壇者打合せを開催!

今週土曜日に迫った地域福祉シンポジウム「地域で創る つながり・ひろがり・ささえあい」。先週金曜日(15日)には、コーディネーターの金田先生をはじめ、登壇者が集まり、企画検討会議を開催しました。

IMG_9854

左から順に(時計回り):みなと寮 佐藤さん、平野区社協 阪井さん、住之江区太陽地域 小川さん、住之江区まちづくりセンター 小出主査(資料作成協力)、佛教大学 金田先生、大阪市社協 坂根、加藤

 

この日は、パネルディスカッションに向けて、それぞれの報告内容を持ち寄り、意見交換。

新たな担い手を誘い込むための声のかけ方(=住之江区太陽地域)、地域住民が主体的に見守り活動をすすめるための区社協職員やコーディネーターの役割(=平野区平野地域)、福祉施設の機能を活かした生活困窮者への支援(=社会福祉法人みなと寮)など、現場第一線の実践者ならではの「思い」や「心がけ」が語られ、事務局としてもシンポジウム当日に向けてワクワクさせられる企画会議となりました。

シンポジウム後半では、今回取りあげた3つの活動の接点やキーワードを整理しながら、地域活動者・福祉専門職としての実践の「原動力」はどこにあるのか、また今回の登壇者は若手のみなさんが中心ということで、未来志向で「これからの展望」についても語っていただきたいと考えています。

──────────────────────────────────────────────────────────────

すでに100人を超える参加申込をいただいておりますが、引き続き参加申込を受け付けています。「行ってみようかな」「申し込みを忘れていた!」という方、ぜひともお申し込みのうえ、当日お越しください。

 

*事前申込は、前日22日までFAX・電話にて。当日会場でも受け付けします。(詳細はこちら

 

※1月25日追記:シンポジウムは1月23日に終了しました。お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。

一覧はこちら