お知らせ

全職員共通の「職員行動指針」を策定

お知らせ 市社協

市社協は、すべての職員が担当する業務によらず、社協職員として共通の価値観をもち、積極的に地域福祉を推進していくため、職員行動指針を策定しましたので、その内容を紹介します。

 

PDFデータはこちらから


一人ひとりの人権が尊重されるやさしさとぬくもりのある福祉によるまちづくりに向けて

大阪市社会福祉協議会・区社会福祉協議会 職員行動指針

私たち、大阪市社会福祉協議会・区社会福祉協議会の職員は、設立以来、積極的に地域に出向き、住民と対話し、さまざまな生活課題の解決に向け、地域住民とともに地域福祉を推進してきました。これからも、すべての職員が、その担当する業務によらず、積極的に地域福祉を推進していけるよう「職員行動指針」のもと、自覚と誇りをもって行動します。


1 私たちは、住民一人ひとりが、排除されることなく、その人らしい、つながりある暮らしを実現できるよう、困りごとを受け止め、寄り添い、尊厳と自己決定を尊重し、支援します。

①社協は「あらゆる生活課題に関する相談を受ける窓口」であるという自覚をもって、困りごとを受け止めます。

②「ここに相談してよかった」と思われるよう、相談者に寄り添い、丁寧に対応します。

③制度や事業の枠にとらわれることなく、課題を見逃さず、本人の思いや願いを実現できるよう支援します。


2 私たちは、互いに支え合える地域づくりに向け、積極的に地域に出向き、住民の地域福祉活動への参加・参画を広げ、住民主体による地域福祉活動の実施とその継続・発展を支援します。

①幅広い世代の住民が、誰もが暮らしやすいまちづくりを「自分ごと」と捉え、実現に向け、具体的な活動が実施されるよう働きかけ、その活動を支援します。

②地域に出向き、信頼関係を築きながら、地域住民の暮らしにくさの課題の解決を目的とした「話し合いの場」「学びの場」「活動の場」づくりを支援します。

③活動の支援や事業を実施する際には、「誰のために」「何のために」「どのような成果を期待するのか」を明確にして取り組みます。


3 私たちは、地域福祉にかかわる人々と多様な団体・組織が、地域の福祉課題を共有し、その解決に向けて、連携・協働により取り組めるよう支援します。

①個別支援で把握した地域づくりに向けた気づきや見えてきた課題を、必要な事業や活動・しくみづくりへとつなぐよう、担当業務にあたります。

②地域福祉の充実に向け、行政をはじめ多様な団体・組織と福祉課題を共有し、その解決に向け、それぞれが役割や機能を発揮するよう、その調整に努めます。

③住民主体による地域福祉を推進する民間団体としての強みを生かし、豊かな発想と柔軟な姿勢で取り組みます。


4 私たちは、自己研鑽を重ね、チームワークを大切にし、複雑・多様化した福祉課題の解決に向け、創意工夫を持って業務を遂行し、信頼される社協職員をめざします。

①地域福祉を推進する専門職として、すべての職員が、常に自らの能力の向上に努め、地域福祉の基盤づくりの役割を担います。

②地域における福祉課題は多様化・深刻化しており、その解決に向け、社協総体で取り組みます。

③社協職員一人ひとりが求められる役割を自覚し、担当する業務によらず、連携した支援ができる環境をつくり、積極的に業務を遂行します。


5 私たちは、法令を遵守し、地域住民・関係団体にとって、地域福祉を推進するパートナーであり続けるよう、対話を大切にし、その存在意義や役割が広く認識されるよう常に自覚をもって行動します。

①組織の信頼性を高め、充実した支援が行えるよう、コンプライアンスを徹底し、行動します。また、説明責任を果たし、情報公開に努めます。

②社協の価値や信頼性、役割の認識を高められるよう、積極的に情報発信します。

③地域住民や関係団体との信頼関係を築き、対話を大切にし、地域福祉の大切さや社協の役割などについて、相手にとって分かりやすい言葉、伝わりやすい方法で伝えます。


6 私たちは、災害発生時においても、住民一人ひとりができるかぎり早期にふだんの暮らしを取り戻せるよう、組織の役割を理解し、日頃から意識と知識を持って、支援します。

①災害発生時には、いち早く行動できるよう、災害対応マニュアルを活用し、公私ともに災害に備えます。

②災害対応や災害時を想定した訓練を定期的に実施し、組織として連携した対応ができるよう全職員が主体的に考え、取り組みます。

③災害発生後、事業の利用者・関係者をはじめ、地域住民の暮らしを支える視点を基本とし、組織として、柔軟に行動します。


策定過程に関する記事はこちらから