お知らせ

大阪府北部を震源とする地震への対応について(第7報)

お知らせ

6月18日(月)に発生しました大阪府北部を震源とする地震において、大阪市社会福祉協議会では、同日に災害対策本部を設置し、市内の被災状況や対応状況等の把握に努めてきました。
このような中、発災から3週間が経過し、さらなる被害が発生する恐れは一定解消したこと、災害応急対策はおおむね完了したこと、市内の地震に関する困りごとの状況について、通常の区社協の業務において対応できていることをふまえ、大阪市社会福祉協議会災害対策本部は7月11日をもって解散することとしました。
ただし、今後も、特に震度の強かった区においては、時間が経過した中で潜在化している困りごとが表面化する可能性もあり、引き続き状況把握に努めるとともに、今回の地震を受けて、今後の災害対応に向けた検証作業を行うこととしています。
災害時は、地域における平時のつながりが一層重要となってきます。社協らしいネットワークを活用し、一層幅広い活動が展開されるよう本会としても各区社会福祉協議会と連携し、地域福祉の推進に努めてまいります。